コラム

筋肉痛が2日後に起こるのは年齢が原因なのか?

よく年を取ると「筋肉痛が来るのが遅くなる」「筋肉痛が二日後に来た」なんて言いますが、年齢によって筋肉痛のタイミングが変わるということは本当にあるのでしょうか。

今回は、多くの人の中で常識になりつつある「年齢を重ねるにつれて筋肉痛が遅れる」ということについて事実なのか、どのような原因で起こるのかについてお話したいと思います。

筋肉痛は2種類ある

ID-10083778

実は年をとることによって筋肉痛が起こるのが遅くなるという科学的根拠はありません。

筋肉痛は全て同じだと思っている方は多いかもしれませんが、筋肉痛には2種類あります。

 

即発性筋肉痛(現発性筋肉痛)

運動やトレーニングの後すぐに起こる筋肉痛です。

主に乳酸などの疲労物質が溜まることが原因で起こります。

重さ、だるさがあるのが特徴で、瞬発的な動きなどを行った時に起きやすいと言われています。

ほとんどの場合、運動後数時間で蓄積された疲労物質は代謝され、痛みはなくなります。

遅発性筋肉痛

トレーニング後、一日から数日後になって痛みが出てくる筋肉痛です。

運動やトレーニングによって筋肉の細胞に小さな損傷ができ、炎症になることで起こる筋肉痛とされています。

 

つまり、年齢によって筋肉痛が遅くなるのではなく、即発性筋肉痛か遅発性筋肉痛なのかの違いによって、痛みが出てくるタイミングが異なるということなのです。

筋肉痛が2日後にくる原因とは?

dreamstime_s_70079379-e1492309316264.jpg

久しぶりにサッカーや野球といったスポーツを楽しんだ翌日は平気だったのに、2日後あるいは3日後になって急に全身が筋肉痛になってしまった。そんな苦い経験をした人は大勢いるのではないでしょうか。
この経験を「ああ、私も歳を取ったなあ」と自虐的に語る人がいるのですが、実は遅れてやってくる筋肉痛というのは年齢が原因ではないのです。

ちなみに私たちが「筋肉痛」と呼ぶ痛みは、正確には遅発性筋肉痛と呼ばれています。そして筋肉痛の原因は「筋肉が修復される過程で生まれる痛み」なのですが、この修復のスピードというのは年齢による違いがあまりないそうなのです。

では、なぜ歳を取ると筋肉痛が遅く来るのか。それは「トレーニングの強度」「頻度」が関係しています。要するに、高強度のトレーニングや、トレーニング頻度の多い人ほど早く筋肉痛が出ると考えられます。

年齢を重ねると運動や筋トレを無意識でセーブしてしまいます。その結果、若い人よりも後から筋肉痛がやって来るそうなのです。

つまり、年齢が原因ではなく、トレーニングの質に関係していたということです。

 

筋肉痛が長引くのも年齢のせいではない?

shutterstock_91078373.jpg

年をとると筋肉痛が治まるのにも時間が掛かるとよく言われますが、加齢による筋肉の回復力低下についてはまだ解明されていません。

40代50代からボディビルやパワーリフティングなどで結果を出す選手は多数いらっしゃいますし、トレーニングを長く続けている方が年齢を重ねたことによって急に回復力が低下したという話も聞いたことがありません。

もちろん加齢による影響が全くないとは言えませんが、筋肉痛が長い間治らないのではなく身体を痛めてしまっている可能性もあります。

しばらく運動をされていない方が急にトレーニングを始めると身体を痛めるということはよくあることです。

もし、「いきなり高重量のトレーニングから始めた」「フォームに自信がない」など思い当たる節があり、身体を痛めてしまっているということであれば、一度病院で診てもらいましょう。

広告

コメントを残す