サプリメント

恐るべき「EAA」の効果とは?

EAAとかBCAA、HMBとか横文字ばかりで効果や違いがわからずどれを取り入れたら良いのか迷っていないでしょうか。

間違いなくEAAも筋肉増強に必要なアミノ酸を効率よく摂取するための効果があります。

EAAは他のアミノ酸成分であるBCAAやHMBとは若干効果は違うのでタイミングや使い分けがあります。

今回はその辺をできるだけ分かりやすいように説明いたします。筋肉サプリメントを迷っている方のお役に立てれば幸いです。

EAA(Essential Amino Acids)とは必須アミノ酸

まず、大前提としてEAA(Essential Amino Acids)とは必須アミノ酸の総称のことです。

筋肉を作るタンパク質を分解すると20種類のアミノ酸に分類することができ、20種類のアミノ酸は以下のように必須アミノ酸(9種)と非必須アミノ酸(11種)に分かれます。EAAはこの必須アミノ酸(9種)のことです。

ヒトの身体は、健康で完全に機能する為に体内のいろんなところででこういったアミノ酸20種類を必要としています。

20種類の全てのアミノ酸には異なった成分があり、例えば神経伝達物質の生成、ホルモンの生成、エネルギーの生成などそれぞれ異なった役割を持っています。でもそれぞれの第一の役割はタンパク質を構成する事なのです。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸の違い

必須アミノ酸、非必須アミノ酸は、筋肉を作り出すタンパク質を構成するためにどちらも必ず必要です。

必須アミノ酸

まず9つの必須アミノ酸は定期的に新しいタンパク質を生成するのに必要ですが、あなたの体内では造ることが出来できません。また身体は必須アミノ酸を蓄えることができないので、色んな食物を食べることによってしか必須アミノ酸を得ることができません。なので、本当に健康を保ったりボディメイクしていくには、毎日アミノ酸を継続的で理想的な摂取を心がける必要があります。

また、必須アミノ酸のヒスチヂンは子供にだけ必要であるため、残りの8種が必須アミノ酸と捉えられることもあるようです。なので大人は8種類のアミノ酸(メシオニン、ヴァリン、トリプトファン、イソレウチン、レウチン、リシン、セロニン、フェリナラニン)を体外から摂取する必要があります。

必須アミノ酸・・・体内で合成できないので食事などがら摂取する必要がある
必須アミノ酸の9種類がEAA
※そのうちバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類のことをBCAAと呼びます。

  1. バリン  BCAAのひとつ。肝臓で処理されず、筋肉に積極的に取り込まれて直接エネルギー源に。
  2. ロイシン BCCAのひとつ。エネルギー源になる。筋肉のタンパク質の分解を抑える助けになる。
  3. イソロイシン  BCAAのひとつ。エネルギー源になる。筋肉の消耗を防ぎ、皮膚の回復を促進する。
  4. リジン  筋肉の形成に影響。骨の発育を助ける。ウイルスの働きを抑制。
  5. メチオニン  肝臓から毒性のある老廃物を取り去り、肝臓や腎臓の働きを助ける。
  6. フェニルアラニン  記憶力や注意力、気分を向上させる。食欲を抑える。
  7. トリプトファン  鎮静作用を持つ神経伝達物質(セロトニン)のもととなる。成長ホルモンの分泌を刺激。
  8. ヒスチジン  赤血球、白血球の形成に欠かせない。貧血やアレルギー疾患、消化器系の潰瘍を改善する。
  9. スレオニン  肝臓への脂肪の蓄積を予防する作用を助ける。

非必須アミノ酸

もう一種類は11個の非必須アミノ酸であり体内で合成されます。これらの非必須アミノ酸のうち8種は「条件付き」としても知られています。肉体的ストレスや病気がある場合、身体が十分な量を生産できない可能性があるからです。

なので、食事やサプリメントなどからいろんな種類のタンパク質を摂取してアミノ酸のバランスを整えるのが好ましいです。

※非必須アミノ酸・・・体内で合成することができる

  1. チロシン  神経伝達物質(ドーパミンなど)、甲状腺ホルモン、成長ホルモン、メラニンの材料に。
  2. システイン・シスチン  組織の抗酸化反応を助け、回復を促進する。白血球の活性を高め、炎症を抑える。
  3. アスパラギン酸  糖質を筋肉のエネルギーに変換するのを助ける。疲労回復、皮膚や毛髪の合成を促進。
  4. アスパラギン  アスパラギン酸に変化する。
  5. セリン  細胞のエネルギー合成を促進する。記憶力や神経系の機能、免疫力を高める。
  6. グルタミン酸  エネルギー源になる。脳での代謝やほかのアミノ酸の代謝に重要な働きをする。
  7. グルタミン  免疫系の機能を助ける。エネルギー源となる。知力、集中力を刺激し、記憶を助ける。
  8. プロリン  筋肉のエネルギー源として使われる。筋肉の合成時の材料、コラーゲンの主要成分。
  9. グリシン  ほかのアミノ酸の合成を助ける。ヘモグロビンの材料となる。鎮静作用を持つ。
  10. アラニン  結合組織の主要材料。タンパク質が筋肉のエネルギー源になるのを促進。免疫力を高める。
  11. アルギニン  インスリンや成長ホルモンの分泌を増やす。免疫系の機能を助ける

EAAの効果やメリットは

EAAの主な効果としては、以下のように他の筋肉増強サプリメント(HMBやBCAA)と同じような効果があります。

  • 筋肉の合成促進
  • 筋肉の分解抑制

これらの筋肉の合成促進や分解抑制をするために必要な必須アミノ酸を体外から摂取しようとすると、かなりの量の食事を摂ることになります。これだと余分なカロリーまで摂取してしまうので、ボディメイクには非効率になってしまいます。

EAAは筋肉肥大に必要な必須アミノ酸が全て含まれているので、プロテインよりも吸収しやすく効率が良いのです。またEAAを摂取しているとタンパク質を過剰に摂取しても脂肪として体内に残りにくくなるというメリットもあるそうです。

EAAとBCAAの違い

よく比較されるEAAとBCAAの違いは何?って聞かれたら正直効果の違いはそこまでわかりません。理屈だけの比較になってしまいます。。。大まかなスペックと価格での比較になるのではないでしょうか。

EAA  ・・・必須アミノ酸9種類。BCAAよりバランスよくアミノ酸を摂取できる。その分BCAAよりも吸収スピードが劣る。

BCAA・・・必須アミノ酸3種類。もっとも割合の多いアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)。吸収スピード早い。

EAAにはBCAAも含まれているので EAAだけでいいのでは?と思うかもしれませんが、EAAに含まれるBCAAの量は少量のようで、やはり専門のBCAAサプリとは即効性が違うようです。

EAAの飲み方やタイミング

特に飲み方やタイミングの決まりはありませんが、僕は上記の性質からトレーニング前に飲むようにしています。

筋肉が大きくなる仕組み

筋肉が肥大するサイクルは以下の流れです。

  1. トレーニングで筋肉を傷つける
  2. 栄養補給によって修復
  3. 休養をとることで筋肉増大

この時に重要になるのが、アミノ酸の補給なのです。アミノ酸が不足してしまうと体内で栄養を作るために筋肉が分解されていき「カタボリック(筋肉分解・異化作用)」状態になってしまいます。


バルクスポーツ EAAタブレット

コメントを残す