筋トレ

筋トレグリップの握り方について

筋トレを始めると必ず行うようになるのが、ウエイトトレーニングなのですが、バーベルを使ってトレーニングするようになると用語で分からない事が出てきます。

バーベルのバーを握る方法には様々な種類がありますので、今回は基本的な持ち方、握り方を紹介して行きます。

サムアラウンドグリップ

00cf6b69a0dba936bacc6d52a5794f8ad287e088.jpgもっともスタンダードな握り方です。特別な事情がない場合はとりあえずこのサムアラウンドグリップで握っておけばよいでしょう。

サムレスグリップ

lat-pull-down-1st-e1430818995322.jpg

親指をシャフトにかけない握り方がサムレスグリップです。
一般的にサムレスグリップで行われる筋トレとしてはリストカールがあります(親指使わないんで最初にサムアラウンドで握ってもあまり変わらないですが)。
後は、握りやすい、関節への負荷が減る、目的の筋肉に負荷をかけやすくなるなどの理由でチンニング(懸垂)ベンチプレス、スクワット等をサムレスグリップで行う人もいます。ただ握力が持続しづらく、落とす危険性があるので高重量を扱う場合は注意が必要です。

フックグリップ

hg6.jpg

まず親指をシャフトに添えて、その上から4本の指を握るというのがフックグリップです。
主に重量挙げやパワーリフティングで使われる握り方で、親指でもバーを抑えられるため握力が弱い人でもがっちりと固定してバーの回転を防止できるのがメリットです。一般的な筋トレで使用されることはあまりないと思います。

オーバーハンドグリップ(順手)

pull-up-e1457840384843.jpg
手の甲が体側に来るようにバーを持つ持ち方がオーバーハンドグリップです。
順手で握った場合と逆手で握った場合では同じような動作の筋トレでも鍛えられる筋肉が違ってくる場合があります。
例えば懸垂では、順手で握った時には広背筋や大円筋がメインですが、逆手で握ると上腕筋、上腕二頭筋の関与が大きくなります。

アンダーハンドグリップ(逆手)

2017-10-15_181049.jpg
掌が体側に来るようにバーを持つ持ち方がアンダーハンドグリップです。
順手、逆手どっちバージョンもある筋トレとしては懸垂の他にラットプルダウン、リストカール、バーベルカールなどがあります。

オルタネイトグリップ

shutterstock_646554238-e1500395523932.jpg

片手は順手、もう片手は逆手でバーを握るというのがオルタネイトグリップです。
主にデッドリフトで使われる持ち方で、握力の弱い人でも比較的高い負荷に耐えられるのが利点です。

まとめ

様々な握り方などがあるので、結局は全て試してみて自分が一番しっくりくるものを選択していくのが良いですし、ひとそれぞれ体の大きさや指の長さ、手の大きさも違うので握り方はこれが良いというものが、はっきりとどれが良いというのがありません。

しかしながら握力が足りないけど、しっかりと腕や胸、背中に効かせたいという場合には、リストストラップや、パワーグリップを利用するのもいいと思います。


ファットグリップズ アルティメット アームビルダー Fat Gripz Ultimate Arm Builder

コメントを残す