筋トレ

腹筋ローラー最強説!!

効率的に腹筋を鍛えることができる腹筋ローラー。
今回は腹筋ローラーについてまとめました。

腹筋ローラーとは

download-6.jpg

車輪に棒を通して持つ所にグリップをつけただけで、いたって原始的な道具に見えますが、これを複数回やるだけで、尋常じゃない位の負荷を腹筋にかける事ができる画期的なアイテムになります。

しかも、まっすぐ転がせば腹直筋ですが、斜めに転がしたり、角度を変える事で腹斜筋にも刺激を加える事が可能。他にも、背中の筋肉、腕の筋肉、握力等、上半身全体に刺激が入ります。

通常の腹筋(シットアップ)では、高負荷をかける事ができませんので、筋肉を大きくするのは難しいですが、これを使えば自宅でも簡単に腹筋を大きくする為の高負荷トレーニングができるという代物です。

腹筋以外も鍛えられている

ab-roller.png

腹筋ローラーは確かにその名の通り、腹筋をメインに鍛えるものですが、実は上半身の筋肉が満遍なく鍛えられるという特徴があります。
やったことがないと実感がわかないかもしれないが、肘を立てて体勢を維持する「プランク」の強度を高くしたイメージです。

腹直筋(いわゆる腹筋)がメインで、腹斜筋(お腹の側面)、上腕三頭筋(腕の後ろ側)、脊柱起立筋(いわゆる背筋)の効果も十分に見込めます。
補助的には大腿四頭筋(太もも)、広背筋(肩甲骨の下)も鍛えられるます。

腹筋ローラー特徴

-e1445946305713.jpg

持ち運びしやすく、どこでも使える事

非常にコンパクトですので、畳1枚の広さがあればどこでもできます。

応用力が非常に高い事

初心者から上級者まで少し工夫するだけで、幅広いレベルの層にも応用が可能です。

お値段が非常にお安い

1000円位で購入できますので、壊れたとしても買い替えればいいので問題ありません。ここまでお手軽で効果が見込める筋トレアイテムは他にないという事で、筋肉業界では最強といわれております。

膝コロ

「膝コロ」は難易度の低い腹筋ローラー初心者のためのメニューです。
膝をついて四つん這いになった状態から、ローラーを前方に転がして、ギリギリまで前に行ったら、元のポジションまで戻ってくる。これを何度か繰り返し行なっていくことになります。

立ちコロ

膝コロができるようになったら、今度は膝をつかずに立って行う「立ちコロ」を挑戦しましょう。
「膝コロ」から「立ちコロ」はかなり難易度が違って、腹筋が大分強くないと、立ちコロは一度もできないという人も少なくないです。

上で紹介している動画は、膝コロから立ちコロへ移行するための、過渡期的なメニューになっているので、膝コロは十分できるけど立ちコロはできない、という人は是非みてみよう。
動画では「足を通常よりも広げて行う」「壁をストッパーにして途中で止める」方法が説明されています。

アブローラーの向こう側

もはや立ちコロでは満足できないという超上級者の方は、さらに負荷を上げてみましょう。
このレベルになれば、ウエイトを使った腹筋をやったほうが良いかもしれないが、腹筋ローラーを極めたいという人は参考にしてはいかがでしょうか。

腹筋ローラー注意点

腹筋ローラーを使うときにはお腹に意識が行きがちですが
最初に言ったように、腰や肩にも大きな負荷をかけながら鍛えるマシンです。

トレーニングや普段の生活で、腰や肩に違和感や痛みを感じている場合
一旦、腹筋ローラーの使用をストップして、治るまでほかのトレーニングに切り替えましょう。

以下に注意しましょう。

腰を反らない

目線はお腹の方に向ける

手首を曲げない

常に腹筋を意識する

呼吸を意識する


RooLee アブホイール 腹筋ローラー エクササイズウィル エクササイズローラー スリムトレーナー 静音 取り付け簡単 膝を保護するマット付き

1件のコメント

コメントを残す