コラム

「コーヒー」と「筋トレ」は相性がめちゃめちゃよかった!

コーヒーに含まれるカフェインが、実は筋トレにも非常に良い効果を及ぼすという事を知らないトレーニーも多いでしょう。今回は筋トレとカフェインの関係について触れていこうと思います。

カフェインと筋トレの関係性とは?どのような効果をもたらす?

lgf01a201301012200.jpg

コーヒーにはカフェインが含まれている事は、ほとんどの人がご存知だと思います。

コーヒー以外にも、お茶にもカフェインは含まれています。コーヒーの場合は、インスタントコーヒーよりもドリップしたコーヒーの方が、カフェインの含有量は増えます。

つまりコーヒーやお茶を飲む事で、カフェインを摂取する事になるのですが、実はカフェインには筋トレと密接に関係があります。

カフェインには脂肪燃焼効果が期待できる

Fire-dancing-girl-wallpaper-in-hd-1024x819.jpg

カフェインの効果として嬉しいものに、脂肪燃焼効果が高まるというのがあります。

カフェインを運動する前に摂取する事によって、通常は運動開始後に体内に蓄えられた炭水化物(グリコーゲン)から燃焼していき、次に脂肪を燃焼するのですが、カフェインの作用により脂肪を燃焼する方を優先する様になります。

運動をダイエット目的で行っている方にとっては、このカフェインの効果は凄まじく大きく感じますね。

通常運動を始めて20分程度は、炭水化物をエネルギーとしているのですが、それが脂肪をエネルギーとするように身体の働きが変わるというのは非常に有り難いです。

摂取タイミングとしては、運動前にコーヒーを飲んでおくのが良さそうです。大体15分前から20分前に飲むと効果的です。

カフェインは筋トレ中の覚醒効果も期待できる。

WEB86_bonpower20150207120628_TP_V.jpg

筋トレ前にカフェインを取っていると、カフェインの覚醒効果によって疲れを感じにくく、トレーニングがはかどるというのです。

よくどうしてもやらないといけない事が有る場合に、コーヒーを飲んでから眠気をさましてから取りかかるという事が有りますが、これがまさしくカフェインの覚醒効果と言われるものです。

いわゆる脳がスッキリとしたような状態になるので、追い込みをかけたい時にはカフェインを摂取してから行うのも良いでしょう。これは筋トレだけではなく、試験やテストなどでも同様ですね。

しかし覚醒効果が有るからと、むやみやたらとコーヒを飲みまくってカフェインを摂取するのは良く有りません。カフェインには強力な中毒性があり問題にもなっているほどですので、適量を心がける事が必要です。

カフェインと筋トレは良い関係だが飲み過ぎは禁物

download-5.jpg

カフェインが筋力トレーニングに有効だという事は分かりましたが、カフェインには常用性があり、あまりにも頻繁に摂取しすぎると効果が現われないという実験結果が出ているだけでなく、体に悪影響を及ぼします。

この摂取のし過ぎというのは200mg以上で飲み過ぎとなります。

なので、カフェインの最適な摂取量は約100mg~150mg。サプリメントで摂取するならこのくらいで十分に効果が出ます。るという事も覚えておく必要があります。

筋トレとの関係が良いといって、カフェインは飲み過ぎる事の無いように気を付けましょう。

まとめ

カフェインをうまく使って筋トレ効率をあげていましょう。


Cellucor セルコア C4 プレワークアウト サプリメント 60回分 フルーツポンチ [海外直送品]

広告

コメントを残す