ダイエット 筋トレ

お腹の脂肪を効率よく落とすのは腹筋運動ではない!!

日本人が一番気にしている部位は「お腹周り」の脂肪ではないでしょうか??

nankaimo

お腹周りの脂肪を落とすために

・腹筋

・有酸素運動

をしている人は多いはずです。

 

よくテレビのショッピングチャンネルでお腹周り巻くだけで痩せれるなど

腹筋運動をサポートしてくれる器具など、何かと腹筋だけを鍛える事が多いですよね。

ですが、もっとお腹周りの脂肪を落とす運動があります。

 

 

スクワットが最大の脂肪燃焼

 

images.jpg

スクワットがお腹の脂肪を落とすの?と思う方もいると思いますが、そうなんです。

 

まず脂肪燃焼をさせるためには、「基礎代謝」をあげなければなりません。

基礎代謝をあげれば、寝ていても脂肪を燃やし続けます。

そして、基礎代謝を大きくあげたいのであれば、大きい筋肉を鍛えたほうが効率が良く筋肉が増えて、脂肪も燃焼しやすくなります。

人間の体の中で、一番大きい筋肉は脚であり、その脚の筋肉を鍛える事によって、基礎代謝を上げる事になり、結果的に体脂肪が燃えやすい体になることが出来るのです。

脚の筋トレをおすすめしているのですが、その中でも何故スクワットをおすすめしているのか?というと、スクワットは全身の筋肉を使って行うため「一度に多くの筋肉を鍛えることが出来る」からです。

 

具体的には

太ももの前面大腿四頭筋

お尻の筋肉大殿筋


股関節の内側の筋肉内転筋群

太ももの裏側、ハムストリング

が鍛えられます。


また腹筋も同時に鍛えられます。

 

そして、スクワットのような脚のトレーニングが体脂肪を減らしやすい理由はもう1つあります。

『他の部位をトレーニングするよりも成長ホルモンが出やすいからです。』

厳密に言うと、脚のトレーニング以外はそれほど成長ホルモンが出ないのではないか、とも言われています。

成長ホルモン、という言葉はあなたも聞いたことがあると思いますが、このホルモンが出ると、体脂肪を燃えやすくして、筋肉をつけやすくします。

 

 

スクワットのよるメリット

 

・男性は太く、女性は引き締まった下半身が手に入る

 

tpows-Comp-image_2053-e1445652837709images-1.jpg

 

スクワットを行うと太ももや下半身全体が太くなってしまうのでは?

と女性の人は特に考えるかも知れません。

しかし女性は筋肉作りに重要な役割を果たす男性ホルモン(テストステロン)の分泌が少ないため、スクワットを行っても太ももなどの下半身全体がムキムキになることはありません

ムキムキにならない代わりにスクワットを行うことで脚やお尻が引き締まったスラッとした下半身を作ることができます

男性の場合は上半身同様に下半身にも筋肥大の効果が現れ、がっちりとした太ももが作れます。お尻は女性同様に筋肉がつき引き締まります。

 

 

・猫背などの姿勢を正す効果もある

 

images-2.jpg

 

人間の上半身は下半身によって支えられています。

その下半身が弱くなることでまっすぐな姿勢が保てなくなり猫背になるなどの原因にもなります

この姿勢の問題を解決するには、下半身を鍛えることが一番です。

猫背になると内蔵を支えていた筋肉が弱まることで、押し出されてお腹がぽっこりしてしまいますが、下半身に効果的なスクワットを行うことで上半身や姿勢を綺麗に保つことに効果を発揮してくれます。

 

 

スクワットはフォームが大事

やり方が分からないと困ると思うので、スクワットのやり方を分かりやすく説明してくれている動画を貼っておきます。

スクワットの正しいやり方!効果的に下半身の筋肉を鍛えるフォーム

 

 

まとめ

スクワットは筋トレの中ではかなりきつい種目ですが、脂肪燃焼には1番効果的です。

ぜひ、腹回りの脂肪燃焼に役立ててみてください。

広告

コメントを残す