コラム

筋トレしてついた筋肉って使えないの?

筋トレをあまりやったことない人と話していると

「筋トレは使えない筋肉がつく

と言ってるのを聞いた事はありませんか?

 

では「使える筋肉」「使えない筋肉」は存在するのでしょうか?

 

 

筋肉は筋トレでつけようがスポーツでつけようが同じ

 

-e1438692703527

 

筋肥大とは、収縮と強い負荷が掛かったときに身体が起こす反応の一つです。

筋肉は速筋繊維と遅筋繊維という2種類の筋繊維で構成されていますが、強い負荷に適応しようとして瞬発力に優れた速筋繊維が太くなっていくわけです。

なので筋トレやスポーツでついた筋肉はなんら変わらないのです。

 

 

使える筋肉とは、目的の動作(種目)に適している筋肉

images-5.jpg

使える筋肉と使えない筋肉の違いは、目的の競技に適しているかどうかです。

目的の競技のパフォーマンスを最大限にできる筋肉のことを”使える筋肉”ということができます。目的が違えば、使える筋肉の定義も変わってきて当然です。

一瞬の瞬発力(パワー)が必要なスポーツにおいて「持久力重視のトレーニングばかりをしていては使えない筋肉になってしまいます」し、筋持久力が必要なスポーツにおいて「筋力をつけるトレーニングばかりをしていても使えない筋肉になってしまう」ということになります。

 

例えば、筋力と瞬発力を必要とする短距離選手と、持久力に特化しながらもバランスよく鍛える必要のある長距離選手とでは必要な筋力特性が違っていて当然なのです。

 

 

images-4.jpg

よくボディビルは「魅せる筋肉」と言われますが、

ボディビルは魅せる事が競技内容なのでその競技に適した筋肉なのです。

 

 

 

筋肉とは謂わば巨大なエンジン

849894_1578569_400_300_11C758_04-300x225.jpg

筋肉を大きくしてそのエンジン(筋肉)を扱っていくには

高度な運転技術が必要になります。

 

いくら巨大なエンジンを積んだマッスルカーでも

運転技術が欠けたドライバーではうまく扱えないですよね?

 

筋肉も同じでいくら筋肥大してもその筋肉をコントロールできなければ競技に活かせません。

 

 

 

まとめ

筋肉自体は筋トレで鍛えようがスポーツで鍛ようが同じ

「使える筋肉」か「使えない筋肉」かはその目的に合わせて有効に使えているか、という事です。

なので、周りに「どうせ使えない筋肉だろ?」と言われても気にしないで思う存分筋トレをしてください。

 

広告

コメントを残す